ひとり×NOTE.

ジブンによるジブンのためのノート。

文章力向上させたいと思う今日この頃。

ジブンによるジブンのためのノート。

今、とてつもなく自分のスキルについて悩んでいます。

「ライティングスキルを鍛えるためにはどうすれば良いのか」と。

近頃、仕事で書類を作成しなければならない場面が増え、
他人から何を伝えたいのか分からないと指摘されることもしばしば。

危機感を感じ、どうにかせねばと思い倦ねる今日この頃です。

思考を「文章」にして伝えることが苦手な私

「本当に伝えたい事柄がわからない」
「言い回しがくどい」
「文章のスタイルに統一性がない」など

これらのような指摘と共にアドバイスをいただくのですが、
いざ実践となると皆無。

どうやら、私は思考をテキストに書き出し、 文章化することが苦手なようです。

自分で経験値を増やし気付く以外に道はなさそうです。

相手に伝わらない文章が出来上がるまで

「自分が読むと意味がわかるけど相手が読むと意味がわからない。」

作文苦手な人が思うことランキング 1位 に輝きそうなフレーズですが、

これが私の現状なので。

まずは、自分の行動を客観視してみようと思い、
文章作成する工程を自らモニタリングしてみました。

ノートに気付いた点をいろいろ書き出してみたところ、
3つの事象が浮き彫りに。

  • 一文として書き切る前に、語彙に違和感を感じて何度も推敲してしまう
  • 言い回しが長くて文章の冗長が沢山ある
  • 文章の構造が明確じゃない(論理的にも?)

これらが主な問題のようです。

そして、要因として考えられることとしては。

  • 書きながらパーフェクトな表現を使い文章を作ろうとしている
  • 見栄えをよくすれば良いものと思い込みがある
  • 整理整頓ができていない

うーん、なかなか手強いかもしれません私。

対策は基礎から積み上げていく以外に道は無し!

  • 文章を書く目的、テーマ、構成・構造などをまずメモ書きする
  • 一文一意ルールに従って、シンプルに徹する
  • 国語の基礎から学ぶ

あとはひたすら文章を書き続けることだ!

ということで、
日々の生活で感じたことをネタにブログ更新をしようと思います。

ここまで記事を読んで頂き、有難うございました。